製品案内 M-Quick

システムの流れ

トータルマネージメントのフローチャート

~化学物質の購入から自社の法規対応までトータルマネージメント~
※画像をクリックすると拡大表示します。

社外(取引先)機能
①公開先指定

メーカーごとに、データシートの公開、非公開を設定することが可能です。

②無料閲覧・PDF
★購入先メーカーも一度サーバーにデータを登録すると他社も対応できます

SDSサーバーにデータを登録すれば、どのメーカー(M-Quickを導入してない)からでもデーターシートのホームページ上での表示、PDFデータでのダウンロードが可能となります。

③助っ人入力

★途中まで入力すると、予測ワードを表示します。途中まで入力すると、予測ワードを表示

★選択すると自動的に、PRTR法、SVHC規制、CASNoを予測します。
選択すると自動的に、PRTR法、SVHC規制、CASNoを予測します。

社内機能
④購入前審査

メール機能を使った稟議および承認プロセスの進捗表示により、承認完了までの時間を短縮することができます。

⑤管理・集計
  • 登録案件の一覧表をエクセルに出力できるので、ISO14001、PRTR等の管理・監査の準備時間を大幅に削減することができます。

  • 環境・安全管理者が各々の法規・規制用件(土壌汚染、消防法etc.)を確認しながら登録できます。
    =確実な管理の実現

⑥自動更新

社外データシート集約サーバーと連携(SDSサーバー)して、最新の化学物質情報に社内のデータを自動更新することができます。

実行画面例
①データシート登録例

②承認メール&承認

③検索&エクセルへ集計

日産でのM-Quick利用範囲(例)

対象別依頼事項
※1:鋼板、鋼材、塗料、接着剤、オイル、冷却液など、生産工場で使用されるもの
※2:生産品の実態を構成しない材料。「間接材料」と同じ意味。
※3:販売会社オプション部品(アクセサリー部品)等
※4:保有・補修・オイルケミカル品等
※5:SDS登録、含有の有無と含有比率を生産工場等の指定サーバーへ入力
IMDS:International Material Data System
SDS:Safety Data Sheet 

TOPM-Quickとはシステムの流れ導入のメリット事例紹介ムービーツアー価格表

弊社のサービス・製品に関するお問合せ

このページの先頭へ ▲